高値を呼ぶ老舗のギター|設置するスペースのことを考えてピアノを購入しよう

設置するスペースのことを考えてピアノを購入しよう

財布

高値を呼ぶ老舗のギター

ギターを弾く人

ヴィンテージ物は特に稀少

ギターは愛好者が多いことから、中古楽器の買取市場においても常に高い人気を維持しています。そんな中でも最高クラスの評価を得ているのが、MARTINです。MARTINは非常に長い歴史を持つアメリカの弦楽器メーカーで、創業は19世紀前半にまでさかのぼります。当初はウクレレやマンドリンのメーカーでしたが、1920年代ごろからアコースティックギターの製造を開始しています。このころに作られたヴィンテージモデルは、特に買取価格が高いシリーズとなっています。状態にもよりますが、製造番号と製造年代が分かればおおよその買取価格が調べられるので、手元に古いMARTINがある人は業者にメールで問い合わせてみると自分が所有しているギターの価値を知ることができます。

プロ向け限定モデルも人気

現在、MARTINは非常に多彩な商品ラインナップを有しています。自社工場による完全手作り生産を基本としながらも、機械加工を取り入れた廉価版モデルも発表しています。そのうち買取価格が高いのはやはりハンドクラフト品です。先にも述べた通り、買取価格は製造年代が古いものほど高くなる傾向にありますが、例外もあります。それはプロ仕様の限定モデルです。MARTINのギターは世界中の一流ミュージシャンに愛されており、それぞれのギタリストに合わせてカスタマイズしたモデルも生産しています。それを数量限定で一般にも販売したのが限定モデルです。こうした商品は、そのミュージシャン人気と相まって比較的最近生産されたものでも高値で取引されています。